新しいシステム|地中熱利用で地球環境がもっと良くなる|ノウハウを知ろう

地中熱利用で地球環境がもっと良くなる|ノウハウを知ろう

新しいシステム

工事現場

地中熱利用という近年注目されているエネルギーの利用方法があります。地中熱とは、地球において浅い地盤の中にある低い温度の熱エネルギーのことを言います。地球の待機の温度よりも、地中の温度は夏は涼しく、冬は温かいという温度差を利用した発熱方法です。活火山の多いと言われる日本では、この地中熱利用が色々な所でできると言われています。これも全て、地中の温度が年間を通して温度の変化が少ないことでできるのです。

地中熱利用の特徴としては、まず起動している時の騒音が少ないというところです。これは、室外機がないためなせる技です。そして、地中熱を冷暖房に交換する地中熱交換器は、密閉されているため、環境汚染の心配がありません。近年エコが叫ばれている現代で、地中熱利用は大変注目されている自然エネルギーの一つなのです。また、通常のエアコンと違い、冷暖房で熱を屋外に出さないため、ヒートアイランド現象の原因になりにくいと言われています。そして、化石燃料を使用しないため、二酸化炭素の排出も防ぐため、大変エコで地球に優しいシステムであると言えます。

そんな地中熱利用ですが、認知度が低いため、コストが高いといった問題があります。また技術の高性能化が進んでいないといった物理的な課題もあるため、注目はされていますが、地中熱利用の普及率はまだまだ高くないと言えます。しかし、地中熱利用の技術を進歩させ、研究している大手メーカーも多く、近い将来日本の寒暖差を支える救世主として現れるのもそう遠くはないかもしれません。